夢の箱 生野 (デイサービス / 訪問介護 / ケアプランセンター / 総合相談窓口)

TEL:06-6715-2188

〒544-0025
大阪府大阪市生野区生野東2丁目5番8号

新着情報&ブログ

リズムタウン仙台オープン!
リズムタウン仙台オープン!

「折り紙教室」の効果☆☆☆

August 02, 2016 ⁄ In: 介護イベント

こんにちは。夢の箱生野です。 この夏まっさかりの8月も、毎月の折り紙教室がありました。

今月は「あさがお」です。

ふたつのあさがおと葉を貼り合わせて作ります。

「どこに貼る?」 「こうやってここに貼ったらええねん」 「あんたもそう思う? 私もそう思っててん」

ちょっとした女子会です!!

IMG_20160801_135702  IMG_20160801_135645

 

さて・・・・。申し遅れましたが、私はナカハラといいまして、「作業療法士」という仕事をしています。リハビリテーションに携わる仕事です。

今日はちょっと、リハビリの視点で「折り紙」をご紹介したいと思います・

 

皆さん「折り紙」という作業の効果って何だと思いますか?

「手先のリハビリ」 「指先を使うと頭にいい」

そういうイメージが強いのではないでしょうか。

もちろん、そういった意味合いも多いにあります。しかし、折り紙という作業がもたらす効果はそれだけではありません。

色々あるのですが、効果として大きいのは「見る力」です。 見る力というのは、視力だけでは成立しません。

ヒトは目で見た情報が、脳の後ろの方で処理されて、それが何か、物までの距離、物の性状(柔らかいか、固いかなど) を瞬間に判断しています。

「目と手の協調」 という言葉を使うこともあります。

折り紙は、「これは何色か?」「角と角を合わせる」 「裏返す」 「色を比較する」 「三角に折る」 「折り返す」 など さまざまな目と手の協調を使っています。

 

また、あさがおを折る!となると、黒色や茶色は選びません。これまでの経験で「あさがおは紫か青か、まあ、赤かな。最近は黄色もあるか」など、記憶の中のあさがおの色と、目の前の折り紙の色を照らし合わせています。

 

高齢になり、視力が低下したり、老眼になって細かいものは見えにくくなるのですが、角と角はちゃんと合わさっています。それは何でか?

それは、「指先の感覚」で補っているんですね。まさに「手先のリハビリ!」 それも、指先から得られた情報が脳でちゃんと処理されて「角と角が合っている」と判断しています。

だから「指先のリハビリ」→「頭にいい」となるわけです!

 

利用者様に楽しんで頂きながら、そういった効果もすこーしは意識して見ています(^▽^)/ そういう意識で見ると、色々な作業がとても楽しくなります。

もちろん、利用者様が楽しいと思うこと。「出来た!」と思うことが一番大切です(⌒∇⌒)

IMG_20160801_140035

 

平成28年8月2日 ナカハラタマカ

 

 

 



コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

※コメントは承認された後に反映されます。反映までしばしお待ちくださいませ。

介護なんでも相談所

最近、足腰が弱くなってきたなぁ…
出掛ける機会が減ってきた…
両親の介護、どうしていけば…

ご自身の健康に対する不安
介護に関する不安や疑問

あなたの不安を解決する糸口がきっと見つかります。
なんでもお気軽にご相談ください。

介護のどんなことでも電話・メール・来所でご相談ください!
夢の箱へのお問い合わせ